2017/07/04

トロを撮ろう 31

トロ撮ろ31回目です。
またちょっとずつ小物が増えていっているので、ここらで一度公開します。
まずはF-toysの『幕末の刀』より、沖田総司の刀「加州清光」です。
例によって娘ちゃんのお菓子を買うついでに1つだけ購入してみたんですが、またまた一番欲しかったものを引き当てました!!
『加州清光』
今回は刀掛や1/8サイズの刀身を紛失しないよう気をつけます^^;
実はこの「加州清光」、以前購入した『名刀百華』にも含まれています。
『名刀百華』のほうでは「同田貫正国」が出ていたので、かぶらなくて良かったですねw
これで念願の二刀流が出来ます。

刀と一緒にいろいろ並べてみました。

後ろに写っている軍旗はガチャポンの「戦国のぼりコレクション」というもので、武田信玄と豊臣秀吉のものです。
全6種類で、他には織田信長、上杉謙信、徳川家康、真田幸村があるらしいです。
そう、真田幸村があるんです!
既に兜を持っていたので、六連銭の軍旗、欲しかったですねぇ…

戦国武将というよりもバカ殿って感じw
軍旗は武田信玄と豊臣秀吉、兜は真田幸村、そして刀は沖田総司と、もう滅茶苦茶です^^;
でも軍旗の配色が一緒だし、刀と兜は赤とそれなりに統一感はありますね。

同田貫正国と加州清光で二刀流!!
刀と鞘は100均で買ってきた粘着ゴム(ねりのり)というものを使用して持たせています。
両面テープを使うよりもお手軽なので、今後のトロ撮りで何かと役立ちそうです。
ちなみにこの方法は最近ブログでの交流を始めたpokikoさんのアイデアをパクらせてもらいましたw

三匹が斬る!
一匹だけ頼りなさそうなのがいますが、後ろの二人がチート級に強いので安心です。
しかしこの森林のジオラマシートはドヴァキンさんのためにあるような背景シートだな。

トロ、必殺の一撃
ちょっとでも動きを出したいと思い、「魂EFFECT」と「魂STAGE」を使ってみました。
いくらクリアパーツとは言え魂STAGEが目立ちすぎですね^^;
他所様のブログなど見ながら、もうちょっと撮り方を研究したいと思います。